読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 長崎浜町店 シマブロ

島村楽器 長崎浜町店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【番外編】ミタの、ミタきゃわいいもの紹介します!

お知らせ・その他

こんにちは!6月が終わってしまいました~♪
このまま早く梅雨も明けてくれると嬉しいですね!

今回は、6/29、30に開催いたしました管楽器メンテナンス会の様子をレポートします!
管楽器奏者は必見です!!

福岡クラシック店より専属リペアマンを招きお客様の楽器を1人30分見てもらいました♪リペアマン 森さん

何度見ても間近で点検する姿は素敵です!笑
お客様の楽器を見ているところをいくつかご紹介させていただきます!
見た目には何も悪くなさそうなフルート・・・。事前アンケートでも特に不具合は無いとおっしゃっていたのですが、プロの目にかかると・・・

フルート

どれどれ。

フルート

森さん「ここが・・・」
お客様「えっ・・・」

フルート

森さん「中にこうやって薄い膜が張ってあってその中にフェルトが入っててね・・・」
お客様「(興味津々)」
森さん「ちょっとこれは、、」

フルート

お客様「えっ!!!」


平然としゃべりながらフルートを炙る森さん(※必要な作業です。)!
こんなことまで目の前でしてもらえます。さあ、どうなったかなっと。

フルートを吹く森さん

森さん「うん!いんじゃない?」

例えば皆さん落としてしまった、明らかに曲げてしまった、という症状があれば悪くなったと自覚できます。
でも、徐々に使っていくうちに楽器は最初の状態から少しずつ少しずつ劣化していきます。
(※もちろん種類や使い方によります。)
なのでプロの目にきちんと最低でも年1回、毎日のように吹く方だったら半年に1回は状態を見てもらわないといけません。


上記は森さんがほとんどのお客様にお話をされていたことです。
もしかしたら上手に音が出ないのは自分の練習不足ではなく、楽器の状態が悪いのかもしれない!
木管楽器の皆様は特に気を配ってメンテナンスに出しましょう♪

続いてはこちらの写真!

トランペット

とってもきれいにお使いのようです。
どんな楽器にも森さんは神経を集中させ点検してくれます!
これからもこの楽器を長く使う為にオイルの塗り方、グリスの塗り方、頻度について細かくお客様の質問にも答えてくれました!
スタッフのミタも勉強になる事ばかりで・・・恐縮です。
金管楽器は自分できちんとメンテナンスする事ができるので、一度学んでいて損はないでしょう!!
しかし見事にきれいに使ってらっしゃいました♪

続いてこちら!

サックス

早速ですが何か炎を使っていますね・・・ドキドキ・・・
手に持っている物分かりますか?
サックス

この黒い塊・・・虫の塊だそうです・・・((ビックリ
もちろんリペア用でちゃんとしたものなのですが、用途としては接着剤代わりだそうです。

サックス

それをタンポの裏に付けて接着しているので、少しなら固まっている接着部分を火で炙って調整が出来るそうです。
(※素人の方は絶対にしないで下さい!!!)

サックス

ちゃんと指貝の部分を保護してファイヤー!笑
これでタンポの締りをきちんと調節し本来の楽器の状態になりました♪


今回2日間で22名の方に参加していただきました。
当店のレッスンに通っていただいている生徒様へ優先的にご案内をさせていただいたので、もう予約がいっぱいでこれなかった方申し訳ありません。
1人30分という短い時間ではありましたが、メンテナンスはもちろんリペアマンの視点からメンテナンスの仕方だったり、奏法のアドバイスだったりをお楽しみいただきました♪
絶対大丈夫!とよく分からない自身をお持ちのそこの貴方!笑
次回開催時期や詳細はミタまでお尋ね下さい。
皆様のご来店心よりお待ちしております。





今回ミタショット無しだったので個人的きゃわイイ(※ミタが買いました)紹介しときます。

じゃんっ


クラリネット ミニチュア楽器

きゃわいいっ




夏が近づいてきました。今度軍艦島に行きます。




ミタ

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.