読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 長崎浜町店 シマブロ

島村楽器 長崎浜町店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

THEイナズマ戦隊アコースティックライブレポート【長崎編】

レポート

7月12日(土)アミュプラザ長崎にて、THEイナズマ戦隊のアコースティックライブが行われました!!
お越しくださった皆様、本当にありがとうございます!!
今読んでくださっている全ての方にあの日の感動を伝えたい!!!ということでレポートです!

THEイナズマ戦隊アコースティックライブレポート【福岡編】はこちらから


まずはTHEイナズマ戦隊(以下イナ戦)をご存知ない方のために、簡単にご紹介♪

THEイナズマ戦隊

画像

(L→R) Drums 久保裕行 / Guitar 山田武郎 / Vocal 上中丈弥 / Bass 中田俊哉

1997年、札幌にて結成された4人組ロックバンド。
現在に至るまでの大型フェスティバル出演や、テレビ&ラジオのレギュラー番組制作によって
鍛え上げられたサービス精神豊かな"ロックンロール魂"を武器に、小さなライブハウスから
大ホール公演まで、聴衆の「明日へのビタミン剤」となるライブパフォーマンスを披露し続けている。
近年では崎本大海、関ジャニ∞Kis-My-Ft2への楽曲提供や、数多くのCMソングへの起用
NTTドコモCM、アサヒ飲料WONDA」CM、パナソニック乾電池「EVOLTA」CM、みちのく銀行CM、
Hotto Motto CM、等々での歌唱&演奏)、福岡ソフトバンクホークス和田毅投手“マウンド入場曲”
の書き下ろし、更にはNHK情報テレビ番組の司会もこなし、その活動の幅を広げている。
その稀有な存在を是非確かめて欲しい。

詳しくはこちら!!THEイナズマ戦隊オフィシャルHP

http://www.inazumasentai.com/


イナ戦の魅力は、何といってもライブ!!!
熱いロックンロール魂で背中を押してくれて、大笑いしたり、大泣きしたり、踊ったり…。
イナ戦のライブに行くと、生きていて良かったと心から思います。
そして終わった後は、次会うときにもっと胸を張れる自分でいられるように
明日からも頑張って生きていこうと思えます。

今回はアコースティックでしたが、彼らの情熱はそのままの素晴らしいライブでした。

画像


~12:30~

スタートの13:00を待たずに、1Fにも2Fにもたくさんの人、人、人!
そしてリハーサルでイナ戦が登場すると既に大歓声!
リハーサルから会場を沸かせ、笑わせ、感動させる、彼らのサービス精神がそのまま表れた光景でした。


~13:00~

お待ちかねの第1部スタート!
始まるやいなや、足を止める人が後を絶ちません。

その中で、イナ戦が好きと仰る年配の女性の方とお話しさせていただきました。
こんなに近くで観られて嬉しいと笑顔でお話しになっており、
イナ戦が年齢や性別を問わずたくさんの方に愛されているのを改めて実感しました。

アコースティックということで、普段のライブとはまた違う距離感、違うかっこ良さ。
4人のやり取りから仲の良さが伝わってきて、こちらもニコニコしてしまいます。
そして会場全体で手拍子したり、新曲に聴き入ったり、
アコースティックに飽きた丈弥さんが突如立ち上がったり(笑)
みんなが笑顔になる、とても幸せな空間でした。

イナ戦は今年結成17周年。17(イナ)周年のアニバーサリーイヤーです!!
そしてその最大のイベントがここ長崎・稲佐山で行われます!!
なぜ大阪・札幌出身のバンドが長崎で??の答えは、この後で。
「当然行きます!」という方も多くいらっしゃいましたが、このライブがきっかけで
チケットを買ってくださった方も多くいらっしゃいました。本当にありがとうございます!!
微力ながら17(イナ)周年に少しでも貢献できていたら、こんなに幸せなことはありません。

1部最後は、長崎のための曲で。

眼鏡橋ブルース」

曲の締めでメンバー一人ひとりが熱い思いを歌に乗せていました!
俊哉さんはやり直しさせられたりしていましたが(笑)
最高でした!!


~15:00~

第2部スタート!さらに多くの方にお集まりいただきました。
1部とまた違うセットリストで沸かせます!
さぁ次の曲は何だろうと思った瞬間………驚きと感動で涙が溢れました。

「月明かりの下」

個人的で大変申し訳ないのですが、私が一番好きな曲で、最近のライブではなかなか聴けない曲です。
この曲に何度救われ、支えてもらったか分かりません。まさかこの場で聴けるとは思わず、
当時の気持ちや情景を思い返して噛み締めながら聴かせていただきました。

画像

ライブ中盤で、丈弥さんが長崎や稲佐山に対する特別な想いを語っていらっしゃいました。
お話はデビュー当時に遡ります。

期待に胸を膨らませて上京したものの、世間は空前の青春パンクブーム。
観客の心を掴めず四苦八苦していたところに、稲佐山の夏フェス「Sky Jamboree」への出演が決まりました。

そしてフェス前日、同世代のバンドマンと街を歩いていると、
若い女の子から「写真いいですか?」と声を掛けられます。
「デビューしたら勝手に有名になるんだなぁ」とニンマリしていたら、「お願いします」とカメラを渡され、
気づいたら笑顔で女の子と同世代のバンドマンの写真を撮ってあげていました。

そんな自分がものすごく悔しくて、応援してくれる人にも申し訳なくて、
翌日のフェスでは今自分にできる全てを出し切ろうと誓ったそうです。
結果、観客から大きな声援をもらい、ライブは大成功。
デビュー後初めて手応えを感じたライブだったそうです。
そしてその夜、また「写真いいですか?」と声を掛けられ、今度は一緒に撮る側になったそうです。
稲佐山は彼らの原点だと仰っていました。
これが、17(イナ)周年最大のイベントを長崎で行う一番の理由です。

そんな彼らの長崎への感謝と、長崎の皆さんのイナ戦への愛に溢れた素敵なライブでした。

長崎の皆さんが本当に温かくて、スタッフもたくさんお声掛けいただきました。
とても幸せな気分になりました。ありがとうございます!!


~終演後~

タワーレコードさんにご協力いただき、稲佐山のライブチケット、CD・DVDの販売!
しかもこの日ご購入くださった方は、メンバーと握手ができるというスペシャルな特典付き!!!
これは買うしかないですよね~!!
お買い上げくださった皆様、本当にありがとうございました!!

タワーレコード長崎店さんでは、THEイナズマ戦隊 稲佐山ライブ全力応援コーナーを展開中です!!
メンバーの手形に、スタッフさんお手製のイナ戦新聞に、消しゴムスタンプ……行くしかないでしょ!!!
期間限定です!お早めにお立ち寄りください!!


最後に一緒に写真を撮っていただきました!!
いただいたサインもお店に飾ってあるので、是非見にいらしてくださいね♪

画像

この日の様子を、メンバーの皆さんもブログやツイッターで紹介してくださっています!

Vocal 上中丈弥さんブログ 

http://ameblo.jp/mameshiba-tyson/entry-11893208826.html#main

Guitar 山田武郎さんブログ

http://ameblo.jp/inazumatakeo1979/page-2.html#main

Bass 中田俊哉さんブログ

http://ameblo.jp/inasentoshiya/page-2.html#main

Drums 久保裕行さんブログ

http://ameblo.jp/kitanoaraguma/page-5.html#main


長崎に来てくださって、本当にありがとうございました!!
またよろしくお願いします!!
そして、お越しくださった皆々様に、本当にありがとうございました!!!


結成17周年プレミアムワンマンライブ

THEイナズマ戦隊は、今年結成17(イナ)周年のアニバーサリーイヤー。
その最大のイベントが、ここ九州で行われます!!!


8月17(イナ)日!!!


稲(イナ)佐山公演野外ステージ!!!!!


こだわってます!!!


題して、

INAZUMA FUN FAN CARNIVAL

~イナ達のイナ達はイナ友達だ!!世界に広げようイナ達の輪!!~


日時 2014年8月17日(日) 13:00開場/14:00開演
場所 長崎 稲佐山公園野外ステージ
チケット 前売券:一般¥4,800(税別)/青春17きっぷ¥1,700(税別)
その他 雨天決行、荒天中止
青春17きっぷ:17歳以下身分証必要
3歳以上はチケットが必要。3歳未満は入場無料。


稲佐山ライブ特設サイト

http://sma40th.com/ina17th/

現在チケット大好評販売中!!
17年間山あり谷ありの毎日をがむしゃらに乗り越えてきた、
今、最高のイナ戦を堪能できるチャンスです!!
期待しすぎて損はないです!!必ずその期待を上回る1日になります!!!
稲佐山の会場をいっぱいにして、イナ周年をみんなでお祝いしましょう!!!


8月17(イナ)日は、稲(イナ)佐山に集合!!!!!


大事なことなのでもう一度言います。

8月17(イナ)日は、稲(イナ)佐山に集合!!!!!


忘れたらいけないので、もう一度言っておきます。

8月17(イナ)日は、稲(イナ)佐山に集合!!!!!!!!!!



以上、イナ戦が大大大好きな島村楽器アミュプラザ博多店の川上がお送りしました!
皆様、博多にも遊びにいらしてくださいね♪
その際には、タワーレコードさんのイナ戦新聞をお土産に・・・(笑)

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.