読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 長崎浜町店 シマブロ

島村楽器 長崎浜町店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

「想い出に残っているライブ・コンサート」  スタッフ高橋の、名人への道~お題編~

シマブロのお題

  

皆様こんにちは、高橋です!


あれ?この記事、いつものタイトルロゴが無いぞ!そしてタイトルもちょっと違うぞ!とお気づきの皆様、いつもご覧いただきありがとうございます!

今回はいつものように商品のご紹介ではなく、私が記事を投稿しているこのブログ、その名も「シマブロ」から出されたお題に沿って記事を書かせていただきます!







さて、肝心のお題はといいますと…ずばり「想い出に残っているライブ・コンサート」

ライブやコンサートはどれも思い出に残って選ぶのが難しいのですが…その中から私の一番思い出に残っているライブ・コンサートはこちら!






聖飢魔Ⅱ ~地球デビュー30周年記念 期間限定再結集 大黒ミサ FINAL~
地獄の再審請求「控訴」 / 地獄の再審請求「上告」

f:id:shima_c_nagasaki:20160725174954j:plain


すみません…正確にはライブでもコンサートでもなく、黒ミサなのですが…世間で言う所の「コンサートのような形式で行われる集会」という事で、今回はこちらをチョイスいたしました。


皆様、聖飢魔Ⅱという悪魔団体世間で言うバンド)、ご存知でしょうか?

彼らが地球デビューをしたのは魔暦前14年(西暦1985年)9月。地球での悪魔教布教活動のため地獄からやってきました。布教活動にはハードロックバンドの様式を用いて、多くの信者(ファンのようなもの)を獲得。そして魔暦元年(西暦1999年)12月31日、デビュー時の公約通り地球における任務を終了し、解散、地獄へと帰還したのです。解散後もなお信者の数は増え続けています。また昨今、構成員の1悪魔、デーモン閣下は相撲業界やワイドショーなどにも姿を現すことが多いですね。


そんな彼らが期間限定で地獄から復活を果たし、魔暦後17年から18年(西暦2015年から2016年)にかけて大黒ミサ(世間で言うライブツアー)を決行。
私はその内の、魔暦後18年(西暦2016年)2月19日、20日の2日間、日本武道館にて開催された大黒ミサFINALに参加してきたのですが、この黒ミサ(ライブ)、今まで生きてきた中で一番の衝撃をうけました。

何が衝撃かと言いますと、すべてが衝撃です。




まずは参拝券(世で言うチケット)がこんな籤運のない私でも当選したという事実を知ったとき、衝撃でした。(この時ばかりは悪魔教信者の私もうっかり神頼みしてしまいました…)

また、そもそも田舎者の私は、東京に行くという事自体が衝撃です。2日間の悪魔参拝(聖飢魔Ⅱを見に行くこと)のついでに行った東京観光。視界の端には常に東京スカイツリーがあった気がします。とにかくデカい!


そして何といっても、黒ミサ会場です。わあ、初めての武道館!おお、これが噂の皇居ランナーか、「あるよ~、チケットあるよ~。余ってたら買うよ~」ああ、未だにいらっしゃるのか…全てが衝撃です。



f:id:shima_c_nagasaki:20160725180346j:plain
高橋「おっほぉ~!館道武!」大興奮です。


そして肝心の黒ミサです。定刻になり、影アナウンスが流れ始め、いよいよ構成員全員が登場し、棺桶がステージの中央に運ばれてきました…。そして!突然棺桶の蓋が勢いよく開き…そこからデーモン閣下の御姿が!






閣下「どぅははははあぁ!THE END OF THE CENTURY!」


高橋「ホアアァァッァアアアァァ!」



開幕一発目、奇声を発すると共に涙を流していました。
その後も蝋人形にされそうになったり、死刑宣告を受けたり、悪魔の果実の抽選会をやったり、突然ウェーブの練習をさせられたり…いやはや、悪魔の力は恐ろしいですね…。



いやあ~、2日間、それはそれは最悪でした。(最高という言葉は悪魔に対しての冒涜にあたりますのでご注意を)最悪すぎて私はどうしていいかわかりませんでした。これはもうライブ・コンサートに括らず、今まで生きてきた中で一番思い出に残っている出来事かもしれません…。




因みに、気合を入れようときちんと悪魔の御顔を意識した格好で黒ミサに参加しました。

f:id:shima_c_nagasaki:20160725184935p:plain
▲世を忍ぶ仮の姿の島村楽器店員高橋(過去のシマブロより抜粋)


f:id:shima_c_nagasaki:20160725185724j:plain
▲悪魔の御姿に近づこうとあがく信者高橋(このためだけに買ったドーランが今後活躍するときは来るのでしょうか…?)


さて、いかがでしたでしょうか。ライブやコンサートって、その場の臨場感はもちろんの事、振り返るだけでもワクワクしますよね。
そしてもし、この黒ミサの件に関して詳しく話をしたいという不敬虔な信者の皆様は、ぜひ浜町店までご来店お待ちしております!


それではまた次回、本編にてお会い致しましょう!

本編「スタッフ高橋の、名人への道」記事一覧はこちら!

nagasaki.shimablo.com

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.